小松庵は最高の蕎麦と最高の職人をいつも目指しています
大正11年、駒込に創業以来、数多くの人々に支えられ今日までまいりました。 “おいしいものの追求” と“職人の育成” が小松庵の二つの柱です。各店舗では江戸蕎麦独特の四角に延ばす打ち方や濃い汁の味、その伝統を受け継ぎつつ今できるおもてなし「東京蕎麦」をお出ししています。最近はその本格的な蕎麦の前にお出しする料理、それを楽しみにいらっしゃるお客様が増えております。 手打ちの喉ごしのよい蕎麦とそれを引き立てる料理をどうぞお楽しみください。
駒込本店
丸の内オアゾ店
新宿高島屋店
渋谷東急東横店
二子玉川ライズ店
ソラマチ店

インフォメーション

IMG_0930_02

2017.08.23

【夏休み「そば打ち体験」を実施】

新宿高島屋店では、夏休みの職場体験イベントとして、そば打ち体験を実施しました。

小さなそば打ち職人たちが、実際にそば粉をこねて、伸ばして、切って。初めて自分で打ったそばを木箱に入れた瞬間、どの子どもたちも格別な表情を見せてくださいました。

IMG_0712_01

2017.08.22

【利き酒の会を開催】

8月21日、新宿高島屋店では新宿高島屋B1階お酒売り場とのコラボイベントを開催しました。

今回は、山形県の日本酒メーカー・楯野川酒造さん。お酒に合わせ、山形県産のそば粉や食材を使用したコース料理をご提供させていただきました。

IMG_0065_08

2017.08.02

【長野県伊那市を訪問】

7月19日、「信州そば」発祥の地・長野県伊那市を訪問しました。

ちょうど蕎麦の実を収穫中であった、農家さんとの出会い。獲れたての蕎麦の実を味わわせていただきました。こうした農家の方々との“つながり”も乗せて、小松庵では蕎麦を通した特別な時間をご提供してまいります。

小松庵 総本家 YouTube 採用情報